あんまり苦くないけど香りが強烈!伊勢角屋麦酒のニューイングランドIPA『ねこにひき』を飲んだ

ねこにひき

嫁が職場の人たちと日帰りで伊勢に遊びに行ってきて、お土産で『ねこにひき』というビールを買ってきてくれた。わーい。

 

伊勢角屋麦酒 ニューイングランドIPA ねこにひき(800円)

NekoNihiki

値段が800円ということもあって、とりあえずビールねって感じでグビグビ飲むものではない。時間をかけてゆっくり味わって飲まねばと心してかかる。お風呂に入って歯も磨いて禊も済ませよう。

 

猫2匹のラベルが可愛い。

NekoNihiki

ねこにひき』は三重県の伊勢角屋麦酒とアメリカオレゴン州ポートランドにあるカルミネーションブルーイングとのコラボレーション醸造。ラベルの猫は伊勢角屋麦酒のオーナーが買っている猫「ぎん」とカルミネーションブルーイングのオーナーが飼っている猫「アビィ」が由来だそうだ。『ねこにひき』の商品ページ:https://www.biyagura.jp/ec/products/217

伊勢角屋麦酒のサイト:https://www.biyagura.jp/ec/
伊勢角屋麦酒のブログ:http://www.biyagura.jp/blog/
Facebook:https://www.facebook.com/beer.isekadoya
Twitter:https://twitter.com/isekado

カルミネーションブルーイングのサイト:http://culminationbrewing.com

 

製品概要

NekoNihiki

名称:ビール
原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
アルコール分:8%
内容量:330ml
ビアスタイル:ニューイングランドIPA
IBU:35

 

王冠も猫にしたら値段がさらに高くなるんだろうな。

NekoNihiki

 

グラスに注ぐと華やかな香りが辺りに漂う。

NekoNihiki

グラスはシュピゲラウのIPA。

 

きめ細かい泡。

NekoNihiki

濁りがあるけどこれは酵母ではなくホップ由来っぽい。

 

このビールに全力で向き合うためペアリングは無し。ホップを多量に使用していて南国のフルーツのような強烈な香りが楽しめる。

NekoNihiki

最初にとろりとした甘味、後から心地良い酸味とほのかな苦味がくる。香り豊かであまり苦くないというのがニューイングランドIPAの特徴らしい。

こういうビールが拡がってもっと安価に飲めるようになれば良いのに。