今日の晩酌はSt.Sebastian Dark(セント セバスチャン ダーク)を飲んだ。

今日の晩酌は、駒川商店街にある「かいたにや酒店」で買って来たSt.Sebastian Dark(セントスバスチャン ダーク)を飲んだ。値段は1300円くらい。高いのでどうしても期待が高まります。

陶器の入れ物にまっさらな王冠で栓がされている。蓋がついているけど、どんな状況で使うんだろう。セントスバスチャンダーク

グラスに注ぐときめ細かい泡が勢いよくできる。ブランデー入りのパンケーキのような香り。酸味と甘みが絶妙。カカオの含有量の多いチョコレートでペアリング。チョコレートの苦味がプラスされてさらにコクが出る。酵母入りらしいけど雑味を感じないくらい複雑な味。ビールの温度が上がって少し苦味を感じた。

たまたま成城石井で買って来たレーズンと胡桃のカンパーニュがあったからペアリングしてみたらバッチリ合う。レーズンと胡桃のカンパーニュ高いだけあってとても美味しい。嫁が寝た後に一人でしんみりと飲むのに最適なビールだった。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください