今日の晩酌はヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」を飲んだ。

今日の晩酌はヤッホーブルーイングのインドの青鬼を飲んだ。

僕がクラフトビールにハマるきっかけになった「インドの青鬼」。ビールには何百種類というスタイルがあることを知らなかった時に、初めて飲んだIPA。それ以来、個人的にIPAのスタンダードと位置付けている。

最近は高いビールばっかり飲んでいたから、300円以下で買えるのはかなりお買い得に感じた。

インドの青鬼冷蔵庫から出してお風呂に入った。それから飲み始めたから30分以上は常温で放置している。

インドの青鬼IPA特有の柑橘系の香りが穏やかに広がる。

 インドの青鬼苦味も落ち着いていてコクがある。IPAにしては飲みやすいと思う。

インドの青鬼

日本の大手のビールをぐびぐび飲んでいる人は、一度インドの青鬼をゆっくり時間をかけて飲んでみると素敵な時間が過ごせるでしょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください