今日の晩酌はヤッホーブルーイングの「よなよなエール」を飲んだ。

今日の晩酌はヤッホーブルーイングの「よなよなエール」を飲んだ。僕がクラフトビールにハマるきっかけとなったビール。

飲み頃温度は13度。冷蔵庫から出して10分くらいたってからグラスに注ぐとちょうどいい感じ。キンキンに冷やしてグビグビ飲むのだけがビールではないってことを知った。
よなよなエール

かおり舞う、よなよなエール。
一、目をとじて、静かに一分間正座。
二、肩の力を抜いて、三回深呼吸すべし。
三、まず勢いよく、そして静かにグラスに注ぐ。
四、慌てず、漂う「かおり」を鼻からスーッと吸う。
これが「かおり道」、
もうひとつの私に出逢う極意なり。

香りの13度

言いつけ通りグラスに勢いよく注いだ。茶色い泡でキメ細かい。よなよなエール柑橘系に少し甘い香りが混じっている。弱い酸味があり、苦くさも甘さも感じない。混然一体となっていてコクがある。飲んだ後に心地よい苦味が口中に残る。

カマンベールチーズとペアリングしたら、チーズの甘みがビールの雑味をとってマイルドな味わいになって美味い。よなよなエール

それしても今日は喉が痛くて少し眠い。コンディションがあまりよくない。

あわせて読みたい