歴史は浅いが余韻は長い。「キルホーマン マキヤーベイ」を飲んだ。

嫁の会社の人から旦那さんへと誕生日プレゼント「キルホーマン マキヤーベイ」をもらった。仕事終わりに嫁を飲みに連れ回しているからそのお詫びらしい。僕はこれでポートエレン以外のアイラ・モルトを一通り飲んだことになる。

キルホーマンはアイラ島に2005年にオープンしたばかりで歴史が浅い蒸留所。アイラ島に蒸溜所ができるのは100年以上ぶりらしい。

 

箱が煌びやか。紙のツルツルした感じではなくサラサラとした肌触り。キルホーマン マキヤーベイ

 

ボトルも青が基調になっていて美しい。キルホーマン マキヤーベイキルホーマン マキヤーベイ キルホーマン マキヤーベイ

 

香りはほのかにバニラだけど正露丸とスモーキーな感じもある。複雑すぎてわからん。口に含むと舌先に塩っ気を感じてピリピリする。だんだんスモークが口中に広がって鼻から抜けていくんだけど余韻がとても長い。キルホーマン マキヤーベイ

口当たりはマイルドで甘みも感じる。強烈な感じはないけど飲み込んだ後にいつまでも余韻が漂い続ける。これは美味い!

 

 

 

あわせて読みたい