初心者が魚をさばく!その3。(サーモンの柵)

日本酒

魚を丸のまま捌くより柵から練習した方がいいんじゃないかと職場のおっさんにアドバイスを受けた。柵でもあらかじめ切られている刺身より断然美味しいらしい。目的はあくまでも美味しい魚を食べることだ。魚を捌けるようになることではない。美味しいならなんでもいいかと思いさっそくやってみよう。危うく目的と手段を間違えるところだった。

 

近所のスーパーに柵を探しに行ったらサーモンが売っていたから買ってきた。

 

我ながら下手くそ。包丁の根元から引いて切ることを意識して刃先までいってるから右側に寄せられない。平造りをしているつもりだけど引き造りという切り方になっている。人差し指を包丁の背にそえないといけないんだけどそれも出来てない。まずは包丁の持ち方からですな。

 

新玉ねぎをスライスしてサーモンをのっけてみた。サーモンの上に玉ねぎをのっけた方がよかったかもしれないけど、それじゃ切り口が見えないからこうした。サーモンの刺身

 

盛り付けも調べればよかった。サーモンの刺身

 

小さい柵だと思っていたけど切って並べてみたら意外と量がある。柵のが美味しいしお得だ。サーモンの刺身食べたら少し水っぽかったのは玉ねぎの水切りが甘かったからかな。マヨネーズかけて食ったら美味かった。

 

いつぞやのワンコイン日本酒の別の銘柄、富翁(とみおう) 古都京都の大吟醸純米。日本酒

 

香りはまあまあよかったけど、味わいが少し淡白。日本酒

しかし、いい酒ばっかり飲むと安もんじゃ満足出来なくなるな。えらいこっちゃ。

あわせて読みたい