初心者が魚をさばく!その27(サワラ)

正月に和歌山出身のおっさんから、実家から魚を大量に持って帰ってきたから取りに来いという連絡があった。寒いから一歩も家から出たくなかったけど行ってきた。

魚を仕入れていた駒川商店街の魚屋「魚すけ」が閉店して以来すっかり魚をさばくことから遠ざかっていた。丸のままの魚を久しぶりに手に入れたからさばくか。

 

今回さばくのはもらった魚のなかで一番大きかったサワラ。他にはタイやカマスをもらった。

サワラ

 

40cmのまな板からはみ出るくらいだからサイズは40cm強。

サワラ

wikiによると40〜50cmがサゴシ、50〜60cmがナギ、60cm〜がサワラらしい。ということはこれはサゴシと言った方が正しいのかもしれない。

 

サワラの身は油がのっていて柔らかく美味しいんだけど、さばくのが難しい。身が柔らかく皮が薄いので皮引きの難易度が高い。皮を引かずにそのまま食べてやろうかとも思ったけど何事も経験だ。ボロボロになってもいいからやってみた。

案の定ボロボロになった。

2:09 頭と内臓をとる
5:20 三枚におろし始める
7:30 腹骨をとる
8:55 中骨を切りとる
9:36 皮を引く
12:54 腹骨をとる
13:07 中骨をとる
13:56 皮を引く
17:45 そぎ切りする
23:38 完成

 

いろいろとあれだけどとりあえず完成!

サワラ

「よし!魚をさばくぞ」という気分が突然訪れて、その機会を逃したくなかったからツマは用意できず。

 

我ながら見た目がひどい。

サワラ

サワラ

見た目はひどいけど食べたら身がしっとり柔らかく美味しい。

 

ペアリングのお酒は年末に福島の両親から送られてきた大和川酒造店の「弥右衛門」にした。

サワラ

大和川酒造店:http://www.yauemon.co.jp
大和川酒造店オンラインショップ:http://yamatogawa.by.shopserve.jp/SHOP/127106.html

 

三枚におろした時に背骨にたっぷり身がついたからこれも焼いて食べた。

サワラ

 

あらは塩焼き。油がのっていてここも美味しい。

サワラ

 

締めは玄米のお粥にサワラをのせてネギを散らしたもの。

サワラ

 

だんだん熱が伝わって身の回りが白くなってくる。中身は生のままのレアが一番美味しい。

サワラ

 

いやぁ、魚をさばくのって本当にいいもんですねぇ。

 

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCKSAHM51NJibXNCCsFZmi9g

 

あわせて読みたい