ビールの店頭価格が上昇?

5月25日の日経の朝刊に載ってた。

キリンビールの一番搾りが4ヶ月連続、アサヒビールのスーパードライが2ヶ月連続で前年の価格を上回ったそうだ。

なぜそんなことが起きているかというと、

6月から国税庁が酒の安売り規制を強化することを受け、ビール大手4社が1月から順次、値下げの原資だった販売奨励金を減らしているため

らしい。

お酒って安売りしちゃダメなの?

仕入れ代に人件費などを加えた総販売原価を割り込む赤字販売を続け、周辺の店に相当程度の影響を及ぼす恐れがある取引を禁止して、町の酒屋さんを保護するのが狙いらしい。

また、酒類の公正な取引に関する基準を定める件、国税庁告示第2号によると

酒類が、酒税の課される財政上重要な物品であるとともに、致酔性及び習慣性を有する等、社会的に配慮を要するものであるというその特殊性に鑑み、

ているそうだ。

要は安売りしたら税収が減るし、酔っ払いが街に溢れるからってことね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください