これで仕事をいつ辞めても大丈夫!我が家の資産を見える化してみた。

貸借対照表を作って財務状況を把握するのは企業だけではなく個人でも有効だ。今の仕事を辞める前に我が家の貸借対照表を作ってざっくりと財務状況を把握しておこう。

まずは資産を現金化しやすい流動資産から並べてみた。

 

資産

流動資産

僕の預貯金 66万円

嫁の預貯金 300万円

預り金 164万円

株式 1,033万円

投資信託 10万円

流動資産合計1,573万円

 

固定資産

マンション

 

資産合計1,573万円

 

僕の給料で普段の生活費の支払いをしているから僕名義の預貯金はほとんどない。それでも66万円あるのは誕生日に投資資金として50万円貰ってほったらかしにしていたから。

嫁の預貯金は確認しないと正確にはわからないけど300万円を下回らないように管理しているから最低でも300万円はあるはず。なぜ300万円を下回らないようにしているかは僕たちが1年間生活するのに掛かる費用が300万円だから。

預り金は証券会社に預けている投資余力のこと。来年のNISA枠120万円の為に少し株を売却して120万円を確保し、これを下回らないようにしている。

株式はだいたい1,000万円前後で安定している。最近、割高な銘柄を売って割安な銘柄を買い足した。

投資信託は毎月1万円積み立てて10ヶ月経った10万円。

唯一の固定資産のマンションは1,700万円で購入した。今なら2,000万円くらいで売れると思っているんだけど少なく見積もって1,000万円と考えておこう。とりあえず明記するだけで資産には計上しない。

 

 

負債

流動負債

クレジットカード支払い 15万円

流動負債合計 15万円

 

固定負債

奨学金ローン 400万円

住宅ローン 1,400万円

固定負債合計1,800万円

 

負債合計1,815万円

 

クレジットカード返済は普段の買い物や光熱費で支払っているお金。基本的にすべてカードで支払っているから日々の支払いはここに集約される。1年以内に支払わないといけない短期的な負債はこれだけ。少し前までiPhoneやMacBookのローンがあったけど無くなった。

長期の返済は嫁の奨学金と住宅ローンがあるがどちらも1%以下の金利だからできるだけ返済を遅らせる作戦。

 

負債比率

まずは長期的な支払い能力を計る為に負債比率をみてみよう。100%を切っていたら負債よりも資産が多いということだからまず安心。

負債比率=(負債÷自己資本)×100

我が家の場合は

負債合計1,815万円 ÷ 資産合計1,573万円 ×100 = 115%

115%ならまずまずでしょう。マンションを売却したら余裕で100%は切るだろうし。

 

流動比率

次に短期的な支払い能力を計る為に流動比率をみてみよう。流動比率は100%を切っていると資産よりも負債が多いということだから100%を切っているといつ破綻してもおかしくない状況。企業ならいつ倒産してもおかしくない。(日銭が入ってくれば100%を切っていても大丈夫なんだけど。)

流動比率=(流動資産÷流動負債)×100

我が家の場合は

流動資産合計1,573万円 ÷ 流動負債15万円 ×100 = 10,486%

 

1万とんで486%!!

 

企業がこれだけお金を溜め込んでいたら株主に還元しろだの事業に投資しろだの株主から怒られるレベル。お金をうまく運用できていない証拠。

僕の場合は株式で1,000万円運用しているから株式を除いた僕と嫁の預貯金366万円で計算し直してみよう。

 

僕と嫁の預貯金366万円 ÷ 流動負債15万円 ×100 = 2,440%

それでも2千440%ある。財務状況は良好だから本業でお金を稼げるように自己投資していかなくてはならない。最大の自己投資は1、2年働かずに自分の好きなことや興味あることだけをして過ごすサバティカル休暇を設けスキルアップをすること。今のまま転職したところで今以上に稼げるようにはならないだろう。

 

とりあえず短期的な支払い能力は十分にあるからいつ仕事を辞めても大丈夫。ていうかさっさと辞めてスキルアップなどの見えない資産を増やした方が良いと結論。

とは言っても僕が仕事を辞めたら日々の生活費を削減して嫁の給料だけで生活できるようにならねばならない。生活費をまかなう為に株式を売ったり貯金を切り崩したりと資産を食い潰していったらあっという間に財務状況は悪化するだろう。

 

 

見える化

あわせて読みたい