濃厚な味で少量でも大満足!成城石井で販売されているオススメのスナック菓子6選

成城石井で販売されているスナック菓子は、素材にこだわってとことん味を追求している。コンビニやスーパーで扱っている万人受けして食べやすいものとは違う。食感もザクザクと噛みごたえがあって、噛めば噛むほど旨味が出てくる。値段は少々高いがハマったら止まらなくなる危険なスナック菓子だ。

 

 

マウイチップス ハワイアンサワークリーム味 150g(345円)

成城石井のお菓子

フラダンスのパッケージから外国のお菓子だと思っていたけど、れっきとした日本の企業で作られている。フラ印(フラブランド)は昭和20年代の戦後、ハワイから帰国した創業者がアメリカン・ポテトチップスとして設立したのが始まり。現在はソシオ工房が製造している。

 

ゴリゴリとした固い食感でカルビーや湖池屋とは一線を画す。塩っぱいだけではなく甘味や酸味もあって調和している。それでいてサワークリームのさわやかな風味が口の中に広がり、食べたあとは確実に口が臭くなる。

成城石井のお菓子

 

 

 

じゃがいろ サクサクスティック 50g(200円)

成城石井のお菓子

こちらもソシオ工房の商品。スティックの他にキューブタイプもある。赤いのがノーザンルビー、紫色がキタムラサキという北海道の有色じゃがいもを使用している。

 

ザクザクしたじゃがりこよりサクサクとしていて、色によって微妙に食感が違うような気がする。色の違いで味の変化は感じられなかったけど、しっかりとジャガイモの味を感じる。

成城石井のお菓子

 

 

れんこん天チップス 瀬戸内レモン味 60g(330円)

成城石井のお菓子

広島県に本社があり『味にこだわる』を企業理念にしているダイコー食品のお菓子。れんこんの片面をカリカリに揚げ、瀬戸内さんのレモンで味付けして心地よい酸味が楽しめる。エビを殻ごと食べているようなバリバリとした固い食感で噛めば噛むほど旨味が出てくる。

ちなみに広島県は全国一のレモン生産県。広島県のサイト→こちら
瀬戸内広島レモンを使ったレシピ集→こちら

 

成城石井のお菓子

 

 

 

瀬戸内のり天 レモン味 80g(330円)

成城石井のお菓子

れんこん天チップスと同じくダイコー食品のお菓子。瀬戸内産の海苔を使用し瀬戸内産のレモンで味付けしてサクサクとした食感に心地よい酸味が楽しめる。

 

成城石井のお菓子

 

 

 

スリラチャマヨ 150g(390円)

成城石井のお菓子

TVで紹介されて人気に火がついた株式会社スイートボックスのポテトスティック、スリラチャマヨ。スリラチャとはタイ発祥の唐辛子とにんにくの入ったソースのこと。ロサンゼルスで人気が火がつきアメリカ全土に飛び火した万能ソース。シーフード用に作られたソースだけどアメリカ人は何にでもかけるらしい。

 

唐辛子の香りに甘酸っぱくて刺すような鋭い辛さ。といってもマヨネーズの甘酸っぱさがプラスされていて、食べられないほど極端な辛さではない。単に辛いだけではなく旨味もしっかりあるから、辛いのが苦手な僕でも止まらなくなる。

成城石井のお菓子

 

 

フライドにんにく 48g(330円)

成城石井のお菓子

にんにくの形をしているだけだと思っていたけど、本当に丸ごとにんにくを揚げていてにんにくの香りもしっかりとする。2、3個食べれば十分満足する濃厚な味。それ以上食べるときは次の日の口臭はすごいことになるし、お腹も緩くなる。実証済み。便秘解消にいいかも。

 

成城石井のお菓子

 

 

まとめ

今回紹介した商品は値段は少し高めかもしれないけど、少量で満足するくらい味が濃厚で美味しい。マウイチップス以外は全てジップロックのように密封することが可能だから全部食べ切る必要がない。少しずつ食べれば節約にも健康にもいい。お菓子と酒は量より質にこだわった方が幸せになれるだろう。

 

あわせて読みたい