日本人固有のリスクを把握しよう。そして今すぐ対策しよう。橘玲著『日本人というリスク』を読んで。

切腹

世界中を見渡せば、日本に生まれて、日本人として生きていけるということは、それだけでかなりの幸運ということがわかる。しかし、日本人固有のリスクは存在し、それに対処することは自分の人生にとって重要だ。『日本人というリスク』では、日本人の人生設計を変えた四つの神話として不動産神話会社神話円神話国家神話を説明している。ここでは最初の二つを見てみよう。

不動産神話

マイホームを求めるのは、人間の本性である縄張り意識によるもの。私たちが家の所有に特別に高い価値を置くのは、縄張をつくれと本能が命じるからである。ところがこの感覚は無意識のものだから、論理的に説明することができない。

マイホームは自分で自分に家賃を支払う不動産投資である。投資ならばリスクを分散させるのが鉄則だ。35年のローンを組んで金融資本の全てを不動産に集中させるのは危険だ。

日本のGDPがざっと500兆円に対して借金が1000兆円を超えていてヤバイって話がよく出るが、年収500万円の会社員が3500万円のマイホームを35年ローンで購入する方がよっぽどヤバイ。いつ破綻してもおかしくない。このリスクを認識して家を購入してる人ってどんだけいるんだろ。

会社神話

 

サラリーマンになるということは、会社から毎月給料という配当を受け取り、退職金として元金が償還される債権を買うようなものなのです。

 

会社側は年齢に応じた昇給と終身雇用の見返りに、若いときの低賃金労働と給料の後払い(退職金)を要求する。サラリーマンは新入社員の頃に低賃金で長時間働き、定年まで勤め上げ退職金によってようやく元金を回収することができる。会社が倒産したり、リストラにあったりすると元金を回収することができなくなる。人的資本を一社に集中させていることは危険だ。

 

サラリーマンが真面目なのは日本人の気質ではなくて、仕事をさぼって解雇されたときに失うものがあまりにも大きいからなのです。

 

我々は、その会社でしか通用しない「企業特殊技能」を習得するよりも、どの会社でも通用するような「一般的技能」を習得しなければならない。

 

まとめ

私たちがこの世界で生きるために富を獲得する方法は、次のふたつしかありません。

①人的資本を労働市場に投資して、労賃を得る。

②金融資本を金融市場に投資して、利子・配当や譲渡益を得る。

人的資本と金融資本は、市場経済で生きていくために私たちが持っている資源のすべてなのです。

 

人的資本を会社のみ、金融資本を不動産のみに集中投資するのではなく、人的資本は知識、技能、資格、経験などに、金融資本は円資産、商品、外貨、株式などに分散投資する。こうして我々は様々なリスクをヘッジさせていく必要がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください