手作りビール(アメリカンIPA)をBIAB(Brew in a Bag)で仕込んだ。その2

イースト投入してから1週間。発酵が終了したようなので瓶詰め作業に入る。やらないよりかはマシかと思って、発酵容器を氷で冷やしてみた。26度から24度まで下がった。

瓶を1本1本洗い、内部をアルコール除菌して乾かした。ホームブルーイング

コーンシュガー63gを水100mlの水で煮溶かす。
ホームブルーイング

殺菌したボトリング容器に粗熱をとったコーンシュガーを流し込み、サイホンでビールを移す。ホームブルーイング

発酵容器のそこに溜まっている澱を入れないようにする。
ホームブルーイングボトルフィラーを装着。
ホームブルーイング

ボトルフィラーの接合部。ホームブルーイング

終了比重1.016。レシピ通りだと1.014。
ホームブルーイング

発酵容器の底に溜まっていた澱。エビオス錠の原料になるらしい。台所に流したら詰まった。ホームブルーイング

炭酸が溶け込んでいない若ビールを味見してみた。ホームブルーイングIPAっぽくない甘い香りがする。口当たりが水っぽくて少し甘い。後から少し苦い。

2週間後に完成予定。

あわせて読みたい