株の含み益が大幅に減っても平静を保っていられる4つの理由

1ヶ月くらい前に130万あった含み益が80万くらいに減った。50万円もの含み益が消し飛んでいる。昔の僕なら130万の時点で売ればよかったと後悔していた。でも今は平静を保っていられるようになった。

割安な株価で買っているのでまだ含み益がある。

株価が上がるとか市況が改善するとかそんな理由で株を買わないことにした。株価が割安な銘柄を買うことに徹している。さらに下がればさらに買い増すだけ。下がっているところを買い向かうのは勇気がいるけど長期投資家はこれが出来なければ大きな利益を得られない。業績が堅調な優良企業なら安ければ安いほど株価が下がる確率は下がるし、反発した時の利益も大きくなる。怖いのは株価が上がって割安に買えなくなった時だけ。

余剰資金がある。

来年のNISA口座の為に最低でも120万円は確保している。株価が割安になればいつでも緊急出動する資金がある。よっぽど安くならないと出動させないけど、これがあるから安心して寝られる。

大きな利益を得るために必要な儀式と心得ている。

もし130万で売っていたら50万円も余分に利益を得られた、ということにはならない。さらに1年後には200万になっている可能性がある。130万で売って、200万で売る機会を失うわけにはいかない。個人的には、買って後悔するより売って後悔したことの方が多い。目先の数十万の為に、数年後の数百万の利益を失うわけにはいかない。

未来のことは誰にもわからないことを理解する

売らずに持ち続けていたからこそ直近で130万が高値だと認識出来ただけに過ぎない。数十万の利益で満足するのなら含み益100万の時点で利益を確定しただろう。そして売らずに持っていたら含み益が130万になっていたのに、と後悔する。
割安に買ったらあとは放置しておくだけで良い。バフェットだって言っている。

株を10年間持ち続ける気がないなら、たった10分間でも株を持とうと考えるべきではありません。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください