脳はバカ、腸はかしこい!腸内環境を改善するためにヨーグルトメーカーを買ってみた

ヨーグルトメーカー

最近は肉ばかり食べているせいか腸内環境がすこぶる悪い。人間は脳で思考していると思われているが、実は腸が思考しているという説があるくらい腸内環境は重要だ。それで善玉菌を増やすためにヨーグルトを食べるようにしていて、とくに森永のパルテノを好んで食べている。このヨーグルトを近所のスーパーで買うと一個100g入りで128円。これを毎日一個消費すると1ヶ月で3,840円もする。

 

ヨーグルトメーカーを買う理由

外食などの特別支出で3,840円なら一向に構わないが、日常的に消費する固定費として考えた場合は無視できない。財布に穴が開いていることと等しいからだ。そこでヨーグルトメーカーを購入して自分で作れば節約できるのでは、と思いつき、試してみることにした。

 

購入したヨーグルトメーカーはTANICA ヨーグルティアS 1200ml YS-01 (ピンク) 10,800円。

ヨーグルトメーカー

公式サイト:https://tanica.jp

 

パルテノを毎日食べる場合とヨーグルトを自分で作った場合で比較してみた結果(一日100gを30日食べる前提)

  • パルテノ(100g)128円×30日=3,840円
  • パルテノ(100g)128円+牛乳(1000ml)200円×3本=728円

ヨーグルトメーカー代10,800円かかるが3,840円−728円=3,112円の節約に成功するからだいたい3ヶ月で元が取れる計算。

 

 

ヨーグルトの作り方

温度管理をする本体。

ヨーグルトメーカー

青色が良かったけど在庫がなくて高くなっていたからピンクで妥協した。どうでもいいけど日本の電化製品のデザインてダサいね。

 

内容器とスプーンと内フタ。殺菌するために内容器の底が浸かるくらいの水を入れて電子レンジで1,2分温める。

ヨーグルトメーカー

 

今回使う牛乳とヨーグルト。

ヨーグルトメーカー

 

種菌にするのは濃密ギリシャヨーグルト パルテノ(加糖)

ヨーグルトメーカー

 

牛乳1本1000mlとパルテノ1個100gを内容器に入れてよく混ぜる。

ヨーグルトメーカー

 

本体に内容器を設置して温度を40度に設定しタイマーを7時間にセット。飲むヨーグルトのようなサラサラしたヨーグルトにしたかったら5,6時間に、逆に硬めが良かったら8時間。

ヨーグルトメーカー

 

 

7時間後に取り出して冷蔵庫で一晩冷やしたもの。

ヨーグルトメーカー

 

あんまり期待していなかったけど完全にヨーグルト。

ヨーグルトメーカー

 

 

種菌にしたヨーグルトと食べ比べ

どれくらい再現されているかパルテノ(加糖)とパルテノ(無糖)、作ったヨーグルトと食べ比べてみた。

ヨーグルトメーカー

 

加糖のパルテノを種菌にしたが、できたヨーグルトに甘さはない。

ヨーグルトメーカー

 

食べ比べてみた結果、無糖のパルテノに限りなく近い。近いどころか完全再現に成功したと言ってもいいだろう。

ヨーグルトメーカー

しかし、よく考えると再現できるのは当たり前なのかもしれない。

 

そうか、これが科学の力か。