大和ミュージアムにやってきた!〜戦艦大和の魅力と戦争の悲惨さを知る。1泊2日の広島旅行。その6

広島旅行2日目は呉まで足を伸ばして、大和ミュージアムにやってきた。広島駅から快速に乗れば30分で着くが、普通車に乗った為1時間近くかかる。呉駅についたらとりあえず腹ごしらえ。

森田食堂で親子丼を食べる。

 

呉駅から徒歩10分。大和ミュージアムの入館料は一般(大学生以上)が800円。企画展のみだと400円。

 

戦艦大和の前方。お客さんが多くてゆっくり写真を撮ることができなかった。しかもこの時間帯(10:00)は逆光。シルエットがかっこいいので良しとしよう。

戦艦大和

10分1戦艦「大和」。

 

戦艦大和の後ろ側。こちら側は割と空いていた。

戦艦大和

現代でも戦艦大和は海底に沈んだままらしい。

 

零戦

 

副砲がいっぱい。砲塔が動く仕組みなんかも解説されていた。

主砲

主砲

 

人間魚雷に搭乗し散った若者の遺書が展示されていて、その遺書を読み上げた肉声を聞くことができる。今我々が平和に暮らしているのも、尊い犠牲のもとに成り立っているのだ。とか柄にもないことを考え、涙が出そうになる。

 

海軍・零式艦上戦闘機62型(ゼロ戦)

零戦

零戦

プロペラ

プロペラ

零戦

コクピット

零戦

1時間くらい見て回ったが、全然時間が足りなかった。

 

大和ミュージアムの前にある、海上自衛隊呉資料館。入場料無料。

潜水艦

この後は広島駅に戻って、広島城や原爆ドーム、平和祈念公園にも行かねばならない。残念ながら素通りした。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください